HOME  > 用語集  > ホームページ作成関連  > 内部要因
アーカイブ | RSS |

内部要因

内部要因は、検索エンジンに検索される要素のうちの内部的な要因のことで、検索されたい単語とそのページとの関連性を強くすることです。別名、テキストマッチングとも言い、これもSEO対策の一つです。
内部要因には、ウェブサイト(ウェブページ、ホームページ)の中にキーワードを散りばめたりHTMLを適切に記述する「ページ内SEO」と、ウェブサイト内のリンクやリンクテキストなどといった、サイトの構造を整える「サイト内SEO」というものなどがあります。

具体的には、以下の項目が内部要因となります。

・ソースコード
・サイト内リンク
・キーワード
・文章量

当社ではCMSでウェブページを作成しますので、ソースコードは自動的に的確なもので生成されます。また、サイト内のリンクについても、コンテンツごとに適切な形で反映されます。
そして、文章量とキーワードですが、これらは結びついた要素です。適切な文章量で、その文章内に不自然でない程度に、強調したい、重要なキーワードを散りばめることで、内部要因の対策につながります。ちなみに、文章量は一般的に1300字程度がよいといわれています。

内部要因の関連語句として、「外部要因」というものがあります。

印刷用ページ 

ページの先頭へ